作家の味方

Project Creator's Ally

小説創作の挫折やスランプから脱出する方法!創作意欲を取り戻すためには?

小説創作の挫折やスランプから脱出する方法!


なんだか最近、創作意欲が沸かないなぁ。昔はあんなに張り切っていたのに・・・。

 

なんて、考えているそこのあなた!

 

創作あるあるですよね(笑)

 

というわけで、今回はそんな挫折したときに取れる ≪ 最良のアクション ≫ をご紹介していきたいと思います。

 

また、アイデアはいっぱい浮かぶのに書けないという方は、ここを押してくださいね♪

 

目次


 1.心や体の健康状態を改善する
 2.メンターや協力者を見つける
 3.モチベーション向上施策を行う
 4.悔しさはバネになる
 5.とにかく笑う
【番外編】ネタは浮かぶのに書けないときは?

 

≫ 小説の書き方|TOPへ




 

1.心や体の健康状態を改善する

いきなりですが、耳が痛い話ですよね(笑)。それでも、やはり『健康』は、人間の意欲に多大な影響力を持っています。

 

健康診断へ行くというのも良い判断ですが、少しだけ散歩してみるというくらいでもいいでしょう。

 

ちなみに、もっと斬新な対処法としては『サプリメントを服用する』という方法もあるようです。まぁ、その場合は、過剰摂取や健康への影響に十分注意して服用するようにしてくださいね。

 

仕事で疲れて帰ってきてから、小説の書籍化や動画の再生数、チャンネル登録者数を稼ぎたいという気持ちと日々葛藤していると、どうしても頭が疲れてしまってどうにも上手くいかなくなることもあるでしょう。

 

そういうときは、しっかり心や身体を休めて気分転換をするなりしてみてください。焦らずゆっくり、自分のペースで歩んでいきましょう。

 

大好きなもの(ゲームやアニメ、他の小説など)に浸かるというのも良い気分転換になるでしょう。これ、後述しますけど、相当大事ですからね?^^

 

2.メンターや協力者を見つける

人間、一人でなにもかもを背負って頑張ろうとすると挫けてしまいますし、人にきつく当たってしまいがちです。

 

どうしても上手くいかないときはメンターを見つけましょう。メンターとは、自分の憧れや目標を叶えるために見習いたい人のことです。

 

憧れている小説家さん、クリエイターさんは居ませんか?きっと、彼らや彼女らにも同様に立ち止まってしまった経験があったはずです。

 

そんなとき、メンターは何をしていたのでしょうか? パット見でわからなければ、質問してみても良いかもしれませんね。

 

どうしても応えてくれそうもない人なら、SNSなどでもっと身近で同じ目標を持つ『協力者』を探しましょう。

 

きっと、あなたの話を聞いてくれたり、導いてくれる人も居るはずです。

 

3.モチベーション向上施策を行う

有名なモチベーション向上施策として、『ゲーミフィケーション』というものがあります。

 

・ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーションとは、人がゲームにはまる仕組みを利用してモチベーションや意欲を操作しようという試みのことです。

 

人がゲームを楽しいと感じる理由はいくつかありますが「報酬が確約されていて、安心して達成感に浸ることが出来ること」や、

 

「自分の努力が客観的に可視化され、着実に進んでいる現状を知ることができること」、「ユーザー同志の交流があること」などがあげられます。

 

逆に、「自分が目標を達成しなければチャリティに寄付をする」なんて仕組みのサイトを運営している企業も海外にはあるようです。

 

PV数や閲覧数では、どうしても時勢に左右されることも多くなってしまいモチベーションを下げてしまう原因にもなりかねません。

 

なので、話数や累計文字数、記事数や動画数など。自分の努力を裏切ることなく増え続ける指標に目標を置いておくといいのかもしれませんね。

 

そして、自分の位置を確かめたなら再びレベリングに楽しみながら励みましょう!人生楽しんだ者勝ちです!

 

4.悔しさはバネになる

そこそこの努力でも意外と数打ちゃ当たるで小説が読まれたり、動画が見られたりすることはあります。逆にどれだけ頑張ってもうまくいかないこともあるでしょう。

 

しかし、そんな成果が無いときでも、悔しさが手に入ればそれは既に成果だと思います。

 

自分が頑張ってきたことに対して、簡単に外野からあれこれ言われたり、評価されなかったりすると本当にムカつきます(笑)。でもこれ、創作への関心がなくなるよりは遥かにマシなんですよ。

 

その悔しさをバネに、再起する準備を一緒に進めて、威張り散らしてやりましょう!

 

5.とにかく笑う

これは、一般的に知られている方法というよりは、私が今まで辛いときによくやってきて最も効果があった解消法です。

 

どんなに「笑えないわ・・・」という状況でも、『笑ってはいけない24時』などの番組を見ていると流石に笑ってしまうことがあります。

 

もし、気分が沈んでいるときにギャグ漫画を読んでも笑えないのであれば、それを超えるギャグ漫画を読めば良いのです!(暴論)

 

この方法だけは論理的に理由を説明できないのですが、意外と効くので挙げてみました!(笑)

 

【番外編】ネタは浮かぶのに書けない時


前回の記事で、小説や記事が書けなくなったりしてしまう原因には「衝動」が関係しているという話をしておきました。

 

しかし、実はもう一つ考えられる理由があったので、そちらの原因と対策についてもお話していこうと思います。

 

普段からめちゃめちゃ書いていて、ネタも尽きない調子がいい人の陥るスランプは、衝動が無いからではなく。

 

ズバリ、伝えたいことがありすぎるのが原因でしょう。

 

書きたいことがありすぎると。とても書くスピードが間に合わないんですよね。

 

やはり、小説を書くなら一定のレベルまでは創りあげたいと思いますし、とても自然なことなんだと思います。

 

でも、そうしていると書けていないことに対する焦りやストレスがたまっていって、悪夢の悪循環が始まってしまいます。

 

そういうときは、どこか記録に残る場所に文字で吐き出してしまうのが良いと思います。このときは、何の制約も付けないでくださいね?

 

ただし、出来るのなら人から見えるところに書くのが良いでしょう。メモとは、違っていて「いつも通り書けた」という達成感の方が大切なのです。

 

加えて、自分が昔に書いた文章を読み直すというのは、過去の自分自身を見つめ直すことにもつながるので、今後の方向性を決める時の重要な材料にもなってくれます。

 

そういう意味で、とにかく書き残しておくというアクションは、後々の自分自身を力強く支えてくれることになるでしょう。

 

それこそ、小説投稿サイトの活動報告、エッセイとして書き残しておくのも良いんです。

 

アイデアというものは、メモ書きで残しておいても大切な熱量は、なぜか後で見た時には失われていたりするものです。

 

しかし、文章として保存されていると、その熱量を残したまま思い出すことができるでしょう。

 

例えるなら、できたての料理と、一度冷めた料理を温めたものくらい、味が変わるんですよね。

 

これは、物語やショートショートについても同様のことが言えます。

 

どんなに自分自身が駄作だと思っていたとしても、それを決めるのは読者ですし、意外とリメイクしたらいい出来になるなんてことはザラにあります。

 

なにより、書けなくなった時に、リメイクだけで物語が新しく作れる可能性が残せると考えれば、ゴミ箱に入れるなんてもったいないと思います。

 

▼以下の動画も参考になったので、シェアしておきますね!(★チャンネル登録はこちら

 

P.S. 小狐さん、動画掲載の許可ありがとうございましたー!

 

きっと、誰かが今この時も、将来にも、あなたの作品を心待ちにしているはずです。

 

もし少しでも勇気が残っていて、本気でやり直したいのであれば、以下の記事で理論的にスランプの原因を潰せるヒントを用意しておきました。

 

是非、参考にしていただけると嬉しいです。

 

小説が書きたいけど書けない本当の原因とは? ~ 書けなくなった時のための処方箋 ~

 

コメントを書き込む

*

CAPTCHA


本気で小説家を目指す方向け!



Return Top