作家の味方

創作に役立つ情報を毎週配信中!

このサイトは、執筆関連ノウハウの提供や競作企画、ツールの紹介、イベント告知などを通し、あらゆる創作活動に関わる方々を支援していくサイト『作家の味方』です!

※毎週火曜日、土曜日に更新中!!

オリキャラの作り方!いまから5分でオリジナルキャラクターの設定を作る方法

オリキャラの作り方!いまから5分でオリジナルキャラクターの設定を作る方法

 

今回は小説や漫画、絵などを描いている方へ向けて、オリキャラのテンプレ(テンプレート)を用いて5分間程度でサクッとオリキャラを作る方法をお伝えしていきたいと思います!

 

オリキャラの作り方

 

いざ、キャラクターを作ろうにも「何から設定すれば良いかわからなくて作れない……」となっている方も多いと思います。

 

というわけで、そういうお悩みを解決するべく、実は前回の記事で「キャラクター設定シート【ライトノベル編】」を作ってみました!※ライトノベル編とありますが、普通に漫画や絵画でも使えます。

 

>キャラ設定シート<

 

そして、今回は実演形式で実際にキャラ設定資料を作っていこうと思います!難しいことは特になく、以下のシートにオリキャラの設定を記入して、

 

最後に少しだけあなたの作りたい作品にあわせた質問に答えるだけでオリキャラが出来ちゃうので、是非活用してみてくださいね♪

 

ただし、あくまでこのシートはオリキャラ作りの取っ掛かりを作るものなので、この設定が終わったら好きな設定を盛り込んでいきましょう!

 

最後は実際にストーリーまで作っているので是非読んでくださいね!

 


∬ キャラクター設定シート ∬

  • 名前:
  • 顔のイメージ:
  • 年齢:
  • 性別:
  • 一人称:
  • 二人称:
  • 口調:
  • 髪色と髪型モデル:
  • 身体的特徴2つ:
  • 性格のモデル:
  • Ⅴで選んだ設定:

 

これが前回の記事で作ってみたキャラクター設定シートになります。これだけでも、かなり想像が膨らむのではないでしょうか?

 

何も思い浮かばなければ、本当に適当に項目を埋めてみてください。もしくは、好きなキャラクターなどを思い浮かべて良いところ取りしたような設定にしても構いません。とにかく埋めましょう!

 

そして、次のステップでもう最後です!ただ、ここが凄く大事なので気を抜かずに最後の質問に答えてくださいね!

 

前のページを読んでいる方は、「最後の質問」の節は読み飛ばしてください!

 

最後の質問

 

この節では、いくつか問いかけをするのでYESかNOかの二択で応えてくださいね。もしくは、(1)~(6)のうちで一番答えやすいものを選んでひとつだけ答えてみてください!

 

(1) ストーリーを既に作りこんでいて最重要視したい。「YES」の場合は、ストーリーの展開を予測させないような設定を行いましょう。

 

例)父親が黒幕の展開なら父親のことが大好きなキャラクターを作り込む。一方で、「NO」の場合は次の質問に移ります!

 

(2) 作品を作っているうちに新キャラの登場を迫られている。「YES」の場合は、主人公との関係性についてポジションの設定を明確にしましょう。

 

例)留学から帰ってきた姉、幼馴染、隠し子など。そして「NO」の場合は、次の質問へ。

 

(3) 世界観を既に作りこんでいて、最重要視したい。「YES」の場合は、キャラクターのゲーム的な基本ステータスを決定しましょう。

 

例)防御力・攻撃力・得意スキル・クラス・必殺技など。「NO」の場合は、次の質問にいきましょう!

 

(4) 作品では主人公の心の機微などをメインに描きたい。「YES」の場合キャラクターの過去(または現在)の心情と物語終盤の心情を設定しましょう

 

例)過去の心情=ずっと自分を責め続けている心情、物語終盤の心情=赦しを得て気が楽になっているという心情。「NO」の場合は、次の質問へ。

 

(5) 読者へのメッセージ(テーマ)が主体の作品にしたい。YES」の場合は、キャラクターが何を表現する役割なのかを設定しましょう

 

例)このキャラクターは作中で独占欲を表現するが、うまく行かないシナリオにして独占欲は報われないことを読者に伝える。

 

「NO」の場合は、(6)身体的特徴のモデルキャラクターまたはモデルとなる人物を設定しましょう。

 

さて、これで最後の質問(設定)は終了です。お疲れ様です!これで大体魅力的なキャラクターが想像できるようになってきていると思います!

 

え?なになに?むずかしいですって?そういう方もいらっしゃると思いますので、私と一緒に一度キャラクターを試しに作ってみましょう!

 

試しに作ってみた!

 

まず、こちらが私が用意してみたキャラクター設定シートになります。これを書く途中の話もきちんと後でするのでひとまず目を通してみてくださいね!

 


∬ キャラクター設定シート ∬

  • 名前:アリア
  • 顔のイメージ:いつも眠そう
  • 年齢:18
  • 性別:女性
  • 一人称:わたし
  • 二人称:キミ
  • 口調:敬語口調
  • 髪色と髪型モデル:髪色は琥珀色、髪型は俺妹の桐野似
  • 身体的特徴2つ:日本刀とティアラ
  • 性格のモデル:ノーゲームノーライフのイズナ(小動物っぽい、すごく負けず嫌い)

 

ここで記入するコツは、一度何も考えずに適当に書いてみることです。そして、明らかに別の項目同士が合わない!と感じたら変えていくようにしましょう。

 

続けて、最後の質問ですが今回は(5)のNOを選びました。つまり、身体的特徴のモデルキャラを設定します。

 

ここでは、「さくら荘のペットな彼女」という作品の「椎名ましろさん」をチョイスしてみましょう。

 

ここで一度振り返ってみると、椎名さんの髪型・髪色と設定していた髪型・髪色を比較すると矛盾していますね。実際に考えていると、こういうことはよく起こりえます。

 

そういう時はどちらの方が自分がキャラを想像しやすいかで決めてしまいましょう。今回は椎名さんの方が私は想像がしやすかったので、髪型と髪色を椎名さん寄りに変更しました。

 

というわけで、ここまでを一度整理してみるとこんな感じです↓

 


∬ キャラクター設定シート ∬

  • 名前:アリア
  • 顔のイメージ:いつも眠そう
  • 年齢:18
  • 性別:女性
  • 一人称:わたし
  • 二人称:キミ
  • 口調:敬語口調
  • 髪色と髪型モデル:髪色は白色、髪型は椎名
  • 身体的特徴2つ:日本刀とティアラ
  • 性格のモデル:ノーゲームノーライフのイズナ(小動物っぽい、すごく負けず嫌い)
  • 身体的特徴のモデル:「さくら荘のペットな彼女」の椎名ましろ

 

これでとりあえずはキャラクターの完成となります。続いて、まだ想像ができないという方のために、このキャラクターから世界観やミニエピソードを作ってみたいと思います。

 

ミニエピソード

 


 

とある研究所。そこでは、人間の能力を更に引き出すため日夜研究が行われていた。

 

しかし、その実態は得意分野の異なる人間同士を掛け合わせることによってキメラを製造している機関であった。

 

そこで作られた彼女の名前はアリア。日本刀を扱う名高い殺し屋の冷凍死体と国を追われた孤児を掛け合わせて生まれた人造キメラである彼女はいまだ不完全な状態にあった。

 

記憶は無く、薬を飲まなければ眠気が晴れない病気に苛まれていたのである。

 

ただ、そんな彼女にも研究所には安寧があった。彼女にとっては、それなりに平凡な暮らしを営むことができていたのだ。

 

しかし、そんな彼女をよそに国家保安軍が研究所へ乗り込んで研究所は封鎖に追い込まれてしまう。

 

記憶の無い彼女にとっての唯一の居場所である研究所を守るため、彼女は同じ被検体たちと共に、軍に立ち向かおうと立ち上がるが…。

 

テーマ:善意の介入による被害


 

さて、いかがだったでしょうか?ミニエピソードは10分くらいの即興で作っているので、少し雑になってしまいましたが10通り、出来る方は100通りくらい作ってみて、いいキャラが一体でもできれば儲けものだと思います。

 

おまけ

 

ここまでは、どちらかというと小説や漫画のキャラクターの作り方について実践してきました。しかし、絵画やイラストを作る際のキャラクター設定としても有効か検証してみました。

 

実際に絵でキャラを書いてみることができたのでしょうか?友人にキャラ設定シートを見せて検証してみた結果…。自分でも出来るかどうか不安でしたが、結構普通に出来てましたw

 

いやぁ良かった!ちなみに、記事の一番上にある画像も同じキャラクターです!

 

 

さて、キャラ設定シートを使ってキャラクターを作るところまでの説明はこれで終了です。

 

しかし残念なことに、これだけのノウハウではキャラクターが魅力的ではなかったり、個性的ではないキャラクターだけが量産されるという結果になってしまうこともあります。

 

なので、次のページでは引き続きキャラクターに個性を持たせていく秘訣ついてお話していきたいと思います。

 

ちなみに、前のページではここで使用した「キャラクター設定シート」にある項目をどのような根拠でチョイスしているのか?という点についてじっくり解説していますのでより高みを目指したい方はご覧ください。

 

前のページへ< >次のページへ

目次に戻る

 

Return Top