作家の味方

創作に役立つ情報を毎週配信中!

このサイトは、執筆関連ノウハウの提供や競作企画、ツールの紹介、イベント告知などを通し、あらゆる創作活動に関わる方々を支援していくサイト『作家の味方』です!

※毎週火曜日、土曜日に更新中!!

キャラクターの説明をするコツ!~ 創作キャラの魅力を読者へ伝えるために ~

キャラクターの説明をするコツ!~ 創作キャラの魅力を読者へ伝えるために ~

 

今回はキャラクターの設定がある程度固まってきていた作家さんに向けて、彼らがどんなキャラクターなのかを読者にわかりやすく説明するための工夫についてまとめていきたいと思います。

 

小説を書いていると、キャラクターの設定に限らず物語を進めていく上で説明したい事が沢山でてきますよね。

 

とはいっても「この主人公には妹が居て、妹のことが大好きで、」など、説明文ばかりを地の文に書いていると、

 

残念ながらかなり面白くない文章になってしまいます。これは自分が読む立場になって読み返せばすぐにわかります。

 

これは読者が小説に求めているものが、あくまで面白いエピソードだからなのでしょう。事実の羅列は少なくとも小説の読者には求められていないということです。

 

では、どうすればいいのでしょうか?先ほどの例を用いたとすると「日課である妹の寝顔を撮影し終えた俺は、ふと妹の携帯に着信があることに気付いた」

 

としてしまえば説明文ではなく行動描写で間接的に読者へ設定を説明することができます!(つっこみ担当は出張中です笑)

 

つまり、行動描写にしてしまえばいいというわけです。そして、この行動描写を小説のあちこちに小出しにしていくことで読者は無意識のうちにいろんな設定を把握していくことができます。

 

と、ここまでは小説を長らく書いている方なら一度は考えたことがあると思います。しかし、実は説明文で直接説明して良いときというのも存在しています。

 

先程までの話しを鵜呑みにして、説明を避け続けるといづれその副作用が出てくることもあるので『説明していい場合』と、『したらまずい場合』の違いをきちんと抑えておきましょう。

 

地の文で説明していい場合

 

結論からいうと、その説明をすることに必然性があれば説明してもまったくといっていいほど問題ありません。

 

例えば、実際にアニメ化まで漕ぎ着けた小説家になろうの作品である『転生したらスライムだった件』という作品があります。

 

この作品の冒頭は、思いっきり設定語りからスタートしています。主人公が大学を出たこと、現在37歳であること、こんな年なのに彼女がいないこと、

 

冒頭でのお話を鵜呑みにすると完全にNGな表現をしているわけですが、この作品はアニメ化までしていて作家としては『成功』しているといえるでしょう。

 

では、なぜこの説明文は読者にとって全くと言っていいほど気にならないようになっていたのでしょうか。

 

もう少し読み進めるとそのヒントが見付かります。

 

「そんな事を何故考えていたかというと(中略)そう、今日はこいつらに、結婚するから相談に乗ってくれと頼まれたのだ。つい、何故自分はモテないのかなどと考えてしまった理由である。」という地の文の存在です。

 

この地の文が説明に読者を納得させるだけの必然性を産んでいるのです。説明をする事に対して正当な必然性を作ることが出来ていれば、読者はあまり気にしないのです。

 

設定語りをなくす副作用

 

ここまでで、説明文で説明していい場合とそうでない場合があるということはなんとなくご理解いただけたかと思います。

 

ただ、説明して良い場合とそうでない場合の見分けが付かないとき、安全を考慮して説明文では説明しない方を選んでしまいがちです。

 

しかし、説明語りをなくすという行為は副作用も孕んでいる事に注意しておきましょう。

 

特に、説明したいことが多い場合たくさん説明する必要がありますから、キャラクターにどんどんエピソードを付けたしてしまいます。

 

これをやりすぎると最もメインとなるストーリーライン(物語の起承転結や展開のこと)を台無しにしてしまうことがあるのです。

 

設定を説明するだけの主旨で作られた小芝居はあまりおもしろくはないものです。小出しにしていたとしても、ついで書きがいずれくどく感じ始めることもあるでしょう。

 

せっかく、いいメインストーリーを作っていたとしても設定を説明するために用意したエピソードが邪魔してきてしまうことになりかねないのです。

 

説明を読みやすくする工夫

 

このように「説明文を書いていいのか、不味いのか」という問題の裏には、設定を読者へ説明する必然性をきちんと示せているかという別の問題が隠れています。

 

その上で、もっと読みやすくするためにはどうすればいいのか?についてさらに深く考える必要があります。

 

たしかに、説明の必然性があればある程度は読者も読み進めてくれるようになりますが、毎日同じ白ご飯だけを食べて生活していると飽きてしまうように、

 

同じ表現技法(今回の場合は地の文での説明)がずっと続くようであれば、やはり読者も飽きます。

 

必然性さえあれば、説明語りでもよし、台詞を使うもよし、行動描写を用いるでもよしなわけですから

 

これらをバランスよく配置していけば、かなり読みやすくなるでしょう。

 

また、長すぎるor難解すぎる設定語りも読者をかなり退屈にしてしまいます。

 

そういうときは脇役などのキャラクターに「それってどういうこと?」など、読者の心の声を代弁させることで回避するテクニックを用いるといいでしょう。

 

まとめ

 

まとめです。読者がキャラ設定を自然に理解していく工夫として行動描写を小出しにしていくというものがありますが、説明に必然性があるものに関しては説明文を地の文にいれてしまってもさほど問題はないでしょう。

 

逆に、行動描写だけといった単一のテクニックのみでキャラクターの設定を伝えていくことは、ワンパターンな文章構成を産み出す危険性やストーリーラインへの妨げを孕んでいます。

 

また、いろんな表現技法をバランスよく取り入れることも読者を飽きさせないためには意識した方がいいのではないでしょうか。

 

そして、ここまででもう一つわかったことがあります。説明する必然性のなさそうな設定は前もって設定しておく必要もなく、ストーリーも描きにくくなることがわかります。

 

そういった意味で、ストーリーとキャラクターの間には密接な関係にあるのです。つまり、ストーリーの展開次第で必要となるキャラの詳細設定は変わってくるということになるのです。

 

もしこれを考えずに練っておいた設定が多い場合は、ストーリーが進むにあたって矛盾を引き起こす原因にもなりかねません。

 

小説の修正作業は結構きついですし、あまり好きな人もいないようなのでまずは当サイトで作成しているキャラ設定シートにあるような大まかな設定にとどめるのが吉でしょう。

 

>キャラ設定シート

 

さて、キャラクターメイキングの基本編はここでおしまいです。導入編では「キャラクターの設定をするときの心構えや大まかな流れ」について。

 

そして基本編では、キャラクターの各設定項目(名前や口調、外見的特徴)を決める際の注意点やサンプルをご紹介していきました。まだ読めていないという方は、このページ下部の目次から一覧に飛べるので読んでみると良いでしょう。

 

というわけで、いよいよ中級編です。中級編では、基本編までで紹介できていなかった「キャラクターを魅力的にする性格や内面」を決める大まかな手順についてご紹介していきます。

 

それにあたって、ここからはある程度ストーリーやプロット、世界観、作品のコンセプトなどを作っておかないと自分にあった方法はどれなのか判別が付きづらいので、先にそちらも多少は考えておくことをおすすめします。

 

また、前のページでは最近流行っているキャラ文芸・ライト文芸と呼ばれるキャラクターを主体とした作品群を作るとき特有のキャラクターの作り方をご紹介していきます。

 

まさにキャラクターを先に作った後にストーリーやテーマができていく作品です。Vtuberとかもその類になるとおもいます。

 

昔に比べて、重厚なテーマや世界観を扱う作品よりもキャラクターが活き活きとしている作品の人気が伸びているのが現況です(2019年現在)。

 

そんなこれからの時代で、読者にうけるキャラクターの作り方はまだまだ他にもあります。それについて詳しく解説しているので、また別の視点を持ってもらえたらなと思います。

 

前のページへ< >中 級 編 へ

目次に戻る

Return Top