作家の味方

創作に役立つ情報を毎週配信中!

このサイトは、執筆関連ノウハウの提供や競作企画、ツールの紹介、イベント告知などを通し、あらゆる創作活動に関わる方々を支援していくサイト『作家の味方』です!

※毎週火曜日、土曜日に更新中!!

小説における人称・視点の切り替え方法|初心者のための小説の書き方Lecture.14

小説における人称・視点の切り替え方法|初心者のための小説の書き方Lecture.14

 

小説における人称・視点の切り替え方法について

 

小説を書く際に必ず通ることになる課題として、小説の「人称」と「視点」というものがあります。

 

小説を一度でも書いたことがあるという方にとっては、既に馴染み深いものかもしれませんね(視点と人称については、後で改めて解説します)

 

しかし、ネットの大海原の知識を借りてでも長らく解決策が打ち出されていなかった難題がありました。それは「どうすれば、違和感なく視点の切り替えることができるのか?」というものです。

 

私自身も長らくこの課題を解決することができずにいたのですが、有志の方々と談義をした結果、一つの解決策に辿り着くことができたので書き残しておこうと思います。

 

そもそも「人称」と「視点」とは?

 

冒頭で散々「人称」と「視点」と書いておきながら、「そもそも小説における人称と視点とは何か?」というところが欠けていたので補足しておきますね。

 

「人称」と「視点」について「もう何度も聞いたよ!」という方は、次のセクションから読めるようにしておきましたので適当に読み飛ばしてOKです。

 

■ 人称とは?

 

人称とは、文にある動作の主体が話し手・聞き手・第三者のいづれであるかの区別のことです。動作の主体が、話し手であれば「一人称」、聞き手であれば「二人称」、第三者であれば「三人称」と呼びます。

 

ハイ!超わかりにくかったと思うので、例で解説します(笑)

  • A.一人称の文(例):わたしは、ご飯を食べていた。
  • B.二人称の文(例):キミは、ご飯を食べてたよ。
  • C.三人称の文(例):彼女は、ご飯を食べていた。

 

Aの文では「ご飯を食べている」のは「わたし」です。つまり、動作の主体は、この文の語り手(=話し手)になるので、これを一人称の文と言います。

 

Bの文では「ご飯を食べている」のは「キミ(=読者)」です。つまり、動作の主体は、この文の読み手(=聞き手)になるので、これを二人称の文と言います。

 

最後に、Cの文では「ご飯を食べている」のは「彼女」です。この場合、彼女は「話し手」でも「聞き手」でもないので「第三者」となり三人称の文ということになります。

 

また、一般的に三人称は後述の視点によって複数種類にわけられることになります。

 

■ 視点とは?

 

視点とは、地の文が描写している場面を撮影している「カメラの位置」のような物のことです。

 

こちらも例文を挙げておくことにしましょう。せっかくなので、先述の人称とあわせて解説していこうと思います。作品名は、作品Aと仮置きしておくことにしましょう。

 

作品A

絵本の最後はちぎり取られていた。

「おとーさん。また、最後のページ、ないよ?」

幼げな双眸がこちらを向くと、白衣の男が膝元の彼女に目を落とす。

「ははは、お父さんはね。そのページを××に埋めて欲しいのさ」

頭の上にはてなマークが浮かんでいそうな顔の彼女を見て、所長は彼女の頭に手を置いた。

あぁ……もう…思い出せないなぁ。私の名前……。

 

まず、冒頭では「絵本の最後はちぎり取られていた」という描写が入っています。少女の視界を描写していることから、「少女視点」の文と取ることが出来ます。

 

続いて「幼げな双眸がこちらを向くと、白衣の男が膝元の彼女に目を落とす」という描写では、白衣の男(所長)の視界が描かれているため「所長視点」の文と取ることが出来ます。

 

この二つの文は、動作の主体が「少女」と「所長」ですから三人称の文と言えるでしょう。

 

最後の文「あぁ……もう…思い出せないなぁ。私の名前……」では、「私」という一人称の文で視点は私にあるようです。「人称」と「視点」についての基本的な説明はここまでです。

 

視点切替による違和感とは

 

作品Aを読んで、みなさんは視点の切り替え時に違和感があると思いましたでしょうか?

 

実は、数人の方に上の例文を読んで頂いたところ「違和感が否めない」という意見もあれば、「違和感なしに読めた」という意見もあったのです。

 

特に、最後の文「あぁ……もう…思い出せないなぁ。私の名前……」では、「私」が少女なのか所長なのか曖昧になっていると取られても不思議ではないでしょう。

 

ただ、先程の例文を「え?少女視点でしょ?違和感なしに読めたんだけど」という方もいらっしゃると思います。

 

なので、もう少し違和感が目立つ例を他のサイト様からお借りさせていただくことで、一先ずこの違和感を共有したいと思います。この作品は便宜上、作品Bと呼ぶことにしましょう。

 

作品B

朝起きてリビングに行くと母親が朝ごはんを作っていた。私は目をこすりながら、

「おはよう」

「おはよう。あと少しでご飯できるから」

挨拶をしてきた娘はまだ眠そうで「うん」という返事も消え入りそうなほど小さかった。苦笑する。

「顔洗ってさっぱりしてきなさい」

「そうする」

言われてのそのそと洗面台へ行くと、父親が鏡を占領してひげをそっていた。

「お父さんおはー」

「ああ、おはよう。……ほら、顔洗え」

「ありがと」

あまりに眠そうな様子に呆れて、仕方が無いなと場所を譲った。

 

最初の文「朝起きてリビングに行くと母親が朝ごはんを作っていた。私は目をこすりながら」は、一人称私視点の文となっています。

 

続いて、二文目「挨拶をしてきた娘はまだ眠そうで『うん』という返事も消え入りそうなほど小さかった。苦笑する」では、一人称母視点と視点が移動していることがわかります。

 

最後に、三文目「あまりに眠そうな様子に呆れて、仕方が無いなと場所を譲った」では、一人称父視点へと視点が移動しているということが伺えます。

 

こちらの例文の違和感はいかがでしょうか?なんだか読み難いなぁと感じたら、それが視点切り替えによる違和感だと思います。

 

読みにくさ・違和感の原因

 

それでは、何故そもそもこのように読み難くなってしまうのでしょうか?試しに、作品Bを読者目線で追いかけていくことにしましょう。

 

まず、読者は一文目「朝起きてリビングに行くと母親が朝ごはんを作っていた。私は目をこすりながら」を読んで、作品Bが一人称作品で「私」が主人公の作品なんだなと理解します。

 

そして、読み進めていくと「挨拶をしてきた娘はまだ眠そうで「うん」という返事も消え入りそうなほど小さかった。苦笑する」という二文目に出くわすわけです。

 

この時点で、読者は私視点だと思っているため「(私に)挨拶をしてきた娘はまだ眠そうで『うん』という返事(誰の返事??)も消え入りそうなほど小さかった。(それを見たわたしは)苦笑する」と解釈することになってしまうのです。

 

しかし、よくよく読み返してみると挨拶したのは「私」なのですから、余計に何がどうなっているのかわからないですよね。

 

これが視点切り替えによる読みにくさ・違和感の原因というわけです。言い換えれば、視点切り替えは読者の没入感を阻害してしまう恐れがあるということですね。

 

読みにくさ・違和感の解消法

 

さて、ようやく本題に入っていくことにしましょう。先述の通り、視点切替による違和感は「いま誰視点なのかを読者にしっかり伝えきれていない」ところにあります。

 

つまり、「説明不足」というわけです。

 

これは談義をしている中でわかったことなのですが、この視点切替による違和感は書き手が最も感じ難いようです。

 

これは書き手であるからこそ、説明が無くても行間を読んでしまうことに起因しているのではないでしょうか。

 

5W1H(=いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのようにしたのか)が欠落してしまっているということですね。

 

しかし、どうでしょう?確かに、作品A・作品B共に情報が不足している節はありますが、作品Aと作品Bを比較すると作品Bの方が違和感が強く見られがちなようです(談義場での多数決的に)

 

もし、この違和感が単に「説明不足」の一言で済むのであれば、作品Aと作品Bにおける違和感の差に説明がつきません。

 

そこで、一つ考えられるのは「読者が没入する候補となりえる視点の数」ではないでしょうか。

 

視点となる候補が、3人居るのと2人だけなのでは混乱度合いが異なります。1つの場面に登場するキャラクターが多ければ多いほど、誰がしゃべってるのか?誰の視点なのかはわかりづらくなるのは想像に難くありません。

 

また、三人称の視点切替(作品A)と一人称の視点切替(作品B)の差もあるのかもしれませんね。

 

というわけで、一先ずは作品Aと作品Bについて「説明不足」を解消してみました。

 

作品A(修正版)

 絵本の最後はちぎり取られていた。

「おとーさん。また、最後のページ、ないよ?」

幼げな双眸がこちらを向くと、白衣の男が膝元の彼女に目を落とす。

「ははは、お父さんはね。そのページを××に埋めて欲しいのさ」

頭の上にはてなマークが浮かんでいそうな顔の彼女を見て、所長は彼女の頭に手を置いた。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

幼い頃の記憶をもう一度手繰り寄せかったのか、少女はひとり呟いた。

 あぁ……もう…思い出せないなぁ。私の名前……。

 

作品Aでは、最後の台詞を「少女」のものだとわかるような説明を追加しました。

 

作品B(修正版)

 朝起きてリビングに行くと母親が朝ごはんを作っていた。私は目をこすりながら「おはよう」と。

消え入りそうな細い声で挨拶をしてきた娘は、まだ眠そうな顔を浮かべている。その様子に苦笑する私は、

「おはよう。あと少しでご飯できるから顔洗ってさっぱりしてきなさい」

と母親に言われ「うん、そうする」と私は言いつつのそのそと洗面台へ行く。だけど父親が鏡を占領してひげをそっていた。

「お父さんおはー」

「ああ、おはよう。……ほら、顔洗え」

「ありがと」

欠伸をかましつつ洗面台に来た俺の娘は、あまりにも眠そうな様子。仕方が無いなとひげを剃る手を止め、場所を譲ることにした。

 

作品Bについては修正の余地がまだまだありそうですが「説明不足かどうか」という一点については、一番最初よりも動作の主体を特定しやすくなっていることがわかります。

 

ここまでの様子を見ていると、やはり「説明不足」が違和感の一因だったことが伺えますね。

 

しかし、まだ作品Bの違和感が否めないという方も多いのではないでしょうか(正直、あまり例が良くなかった)

 

というわけで、もう一つの例をみていくことにしましょう。

 

作品C

啓一はスマホで何度も時刻を確認しながら、ソワソワと駅前に立っていた。クラスメイトの京子と、ふとした話の流れから一緒に出掛けることになったのだ。高校二年生の彼にとっては、人生で初めてのデートと言えた。

「お待たせ!」

背後から声を掛けられた。啓一が振り向くと、そこには満面の笑みを浮かべた京子がいた。
春らしい白のワンピースに、細い銀のネックレス。口元はほんのりとした桜色。髪の長ささえも、いつもと違うように感じられて……そんな彼女の雰囲気に、つい、啓一は言葉を飲んでしまった。

「ん? どうしたの?」
「え、あ、な、なんでもない。じゃあ、い、行こうか」

言葉がスムーズに出てこない。何か気の利いたセリフでも浮かべばよいのに、歯切れの悪さだけが目立ってしまった。
そんな啓一の様子を見て、京子の中には少しのいたずら心が芽生えた。
彼は既に背を向けて、ギクシャクとした動きで改札に向かっている。そんな彼の腕に、唐突に抱き着くとどうなるのだろう?
……まぁ、そんなことが自分に出来るわけないのだけれど。

 

こちらの作品では、「そんな啓一の様子を見て、京子の中には少しのいたずら心が芽生えた」という一文を境に、視点が「啓一」⇒「京子」となっていることが伺えます。

 

また、動作の主体についての説明は十分なされているため、「誰が何をしたのかを読み取ることも難しくは無い」でしょう。

 

ただ、こちらの作品についても「違和感が否めない」という意見と「違和感無く読める」という意見の両者が出てきていました。

 

この違和感の正体は何なのでしょうか?まず、一つ目に議題として挙がったのは「カメラワーク」でした。

 

作品Cでは、以下のような手順で視点が切り替わっています。

 

~作品Cの視点切り替え順序~

1.言葉がスムーズに出てこない。何か気の利いたセリフでも浮かべばよいのに、歯切れの悪さだけが目立ってしまった。(=一人称啓一視点の文)

2.そんな啓一の様子を見て、京子の中には少しのいたずら心が芽生えた。(=三人称京子視点の文)

 

つまり、このカメラワーク自体に唐突感を感じるのではないか?というものです。それでは、カメラワークをもう少しゆっくり動かしてみましょう。

 

作品C(修正版)

啓一はスマホで何度も時刻を確認しながら、ソワソワと駅前に立っていた。クラスメイトの京子と、ふとした話の流れから一緒に出掛けることになったのだ。高校二年生の彼にとっては、人生で初めてのデートと言えた。

「お待たせ!」

背後から声を掛けられた。啓一が振り向くと、そこには満面の笑みを浮かべた京子がいた。
春らしい白のワンピースに、細い銀のネックレス。口元はほんのりとした桜色。髪の長ささえも、いつもと違うように感じられて……そんな彼女の雰囲気に、つい、啓一は言葉を飲んでしまった。

「ん? どうしたの?」
「え、あ、な、なんでもない。じゃあ、い、行こうか」

言葉がスムーズに出てこない。何か気の利いたセリフでも浮かべばよいのに、歯切れの悪さだけが目立ってしまった。
そんな啓一の様子を見てだろうか、京子の中には少しのいたずら心が芽生えていた。

彼はギクシャクとした動きで改札に向かっている。そんな彼の腕に、唐突に抱き着くとどうなるのだろう?
そんな冗談じみたことを考えながら、思考を止める。
……まぁ、そんなことが自分に出来るわけないのだけれど。

 

どうでしょうか?先程に比べると、少し読みやすくなった気がしませんか?

 

「……まぁ、そんなことが自分に出来るわけないのだけれど」の文に多少の唐突感がまだのこっている気もしますが、これについで次のステップでかき消すことにしましょう。

 

改めて修正後の視点切り替え手順をみてみます。

 

~作品C(修正版)の視点切り替え順序~

1.言葉がスムーズに出てこない。何か気の利いたセリフでも浮かべばよいのに、歯切れの悪さだけが目立ってしまった。(=一人称啓一視点の文)

2.そんな啓一の様子を見てだろうか、京子の中には少しのいたずら心が芽生えていた。(=三人称神視点)

3.彼はギクシャクとした動きで改札に向かっている。(=三人称京子視点)

4.そんな彼の腕に、唐突に抱き着くとどうなるのだろう?(=一人称京子視点)

 

このように、段階を踏むことで唐突感を軽減することができるようです。

 

ただ、過去の読書経験や好みによって違和感や唐突感には個人差があるようなので、これで完璧に違和感や読みにくさを改善できるというわけではありません。

 

少なくとも、何も工夫を施さずに視点を切り替えるよりは「マシ」程度に考えておいたほうが良いでしょう。

 

この作品Cの修正版ですが、まだ最後の文「……まぁ、そんなことが自分に出来るわけないのだけれど」への切り替えに唐突感が否めません。

 

というわけで、以下のようにもう一段階修正をしてみました。

 

作品C(修正版v2)

啓一はスマホで何度も時刻を確認しながら、落ち着かない様子で駅前に立っていた。

クラスメイトの京子と、ふとした話の流れから一緒に出掛けることになったのだ。
高校二年生の彼にとっては、人生で初めてのデートと言えた。

「お待たせ!」

ふと、背後から声を掛けられた。
啓一が振り向くと、そこには悪戯が成功した子供のような笑みを浮かべている京子がいた。

春らしい白のワンピースに、細い銀のネックレス。口元はほんのりと桃色に艶めいている。
髪の長ささえも、いつもと違うように感じられて……そんな彼女の不思議な色香に、啓一はゴクリと唾を飲んだ。

「ん? どうしたの?」
「え、あ、な、なんでもない。じゃあ、い、行こうか」

言葉がスムーズに出てこない。何か気の利いたセリフでも浮かべばよいのに、歯切れの悪さだけが目立ってしまう。

そんな啓一の様子を見た瞬間、京子は無邪気に微笑みながらある悪戯を想像してみた。

彼は既に背を向けて、ギクシャクとした動きで改札に向かっている。そんな彼の腕に唐突に抱き着くとどうなるのだろうか?

驚くのはもちろん、顔を真っ赤に染めて慌てふためくだろうか。
年頃の男子に女の子の胸を押し付けてみたらどうなるのか。

そんな可愛いでは収まらない悪戯心が芽生えてしまっていた。

(……まぁ、そんなことが自分に出来るわけないのだけれど)

 

 

どうでしょうか? 唐突感がマシになってませんか?実は、説明不足だった部分がもう一箇所あったようなんです。

 

先述の通り、修正前の作品Cでは確かに「誰が」「どんな動作を」したのかについて、しっかりと説明されていました。

 

それでは、どんな説明が不足していたのかというと以下の一文です。

「そんな啓一の様子を見た瞬間、京子は無邪気に微笑みながらある悪戯を想像してみた

 

この一文が追加されることで、読者は「想像した内容が後に来る」と事前に説明されたというわけです。全体を通して、三人称の統一感を出せたのも違和感をかき消してくれた一因だったといえるでしょう。

 

また、お気づきの方も多いかと思いますが、実はもう一つ工夫が施されています。

 

なんかやたら京子が色っぽくなってませんか?(笑)

 

読者の目線を「視点切り替えによる違和感」ではなく「京子の色っぽさ」に誘導しているというところがポイントです。

 

つまり、「違和感を消す」のではなく「違和感から読者の目線を引き剥がそう」というトリックになっているわけですね。いやはや、なかなか興味深いですね。

 

まとめ

 

さて、そろそろまとめに入ることにしましょう。

 

今回の調査では、視点切替による違和感を以下の4つの対抗措置を同時に取ることで払拭できそうだということがわかりました。

  • 1.説明不足に十分注意する
  • 2.視点切替時の登場人物は極力減らす
  • 3.カメラの移動はゆっくりにする
  • 4.人称は揃える
  • 5.読者の視線を誘導する

 

ただし、やはり同一章における視点の切替は非常に高等技術のため、オススメできません。その理由については、以下の記事に収めておこうと思います。

 

 

 

もし「もっとこうすれば改善できるよ!」といったご意見がありましたら、

コメントで教えていただけると幸いです。

 

それでは、ご精読ありがとうございました!

 

 

 

≫ 目次へ戻る 

 

コメントを書き込む

*

Return Top