最近、わたしの周りの作家さん達を見ていると描き進めるスピードが速くせわしなく小説を描いているという状況の方も非常に多いように感じます。

 

しかし描きおわった後で、もっとキャラの設定を作りこんで統一感をだせればよかった!なんてことにはなりたくないですよね。

 

そして逆に、キャラ設定を練りこんでいる人にありがちなとある落とし穴にはまっている方もいらっしゃいます。

 

今回は、そんな問題を次こそは防ぎたいという方に向けて、キャラを構成しているものを手っ取り早く把握し、さくっと簡易的にキャラの補助設定を行うことで自身も読者もストーリーに没頭するための工夫についてご紹介しようとおもいます。

 

そして、本題に入る前に「一人称」だけは必ず決めておいてくださいね!これは超重要事項です!

 

客観的にみて目立つキャラの特徴

 

 

 

この表は、以前から私が集めていた外見的に個性のあると判断した画像をグループにして名前をつけたものです。以前の記事でお話した200枚程度の特徴のある画像を使用しています。

 

こうやって、図を見返すとまずは一番大きく『人とそれに類するもの』か『それ以外』かという分岐があります。そして、その次に『服装』、『肉体的特徴』、『所持物』という三つの大カテゴリーが存在していることがわかります。

 

この図から、キャラクターの目立つ特徴はたった三つのカテゴリーしかない。つまり、最低限そこさえ決めてしまえていればあまり大した問題にはならないということがわかります。

 

というわけで、今回ご紹介する方法はこの三つの大カテゴリーから一つずつモチーフを用意するという方法になります。

 

例えば、『服装』からはウェディングドレス(ユニフォームの類)を、『肉体的特徴』からはモチーフになるキャラクター(後で更に詳しく説明します。)を、『所持物』からは刀(武器の類)を、という風に選んできておくといった具合です。

 

あとは、具体的な『服装』や『所持物』、『肉体的特徴』には何があるのかを見ていくことが出来ればおしまいです。まぁ、それもまた難しいところなので、こちらのツールを使用してみるか、このページの最後の節をご覧ください。

 

↓グルーピング元画像(ご参考)

 

見落としがちな落とし穴

 

そして先ほどお話したキャラクターの設定に凝っている人ほど陥りがちなとある落とし穴というのは、この『服装』と『所持物』に関するものになります。

 

あなたの作品に登場してくるキャラクターたちの服装や所持物はシーンごとに適切に変化していますか?出来ているなら問題ないです!素晴らしいと思います。そういう方は、次の節で具体的にどんな服装や所持物があるのかを見てみましょう!

 

しかし、もし『服装』や『所持物』に変化が無く特に裏付ける理屈も無いのであれば考えた方がいいでしょう。『服装』や『所持物』はシーンごとに変わることもあるはずです。(厳密には、あったほうが読者を飽きさせ無い作品になるでしょう。)

 

先ほどの質問では『適切に』変化しているか?という問いにしていましたが、これは季節に合っているか?ドレスコード的にあっているのか?というところまで考えられているかということです。

 

もちろん、そこら辺を一切無視している有名作品も多いので好みといわれればそれまでです。キャラを読者に特定させるためにあえて固定の服装を着せるということもあるでしょう。

 

しかし、その場合は制服などのユニフォームを使うことでいつも同じ服を着ている不自然さを払拭するなどの工夫がなされている作品も存在しています。

 

これは確かにどちらがいいというのも難しい話ではあります。ただ、小説という文章を用いる作品では描写する対象が少ないと無駄にテンポが速い作品ができあがったり、別のところでほころびがでる危険性があるので個人的には一応考えておくべきだと思います。

 

『服装』、『肉体的特徴』、『所持物』の具体例

 

この節では、サクッと『服装』、『肉体的特徴』、『所持物』の具体例を列挙していきたいと思います。

より詳しい内容についてはまた記事をあげようと思うので少々お待ちくださいな!

 

『服装』について

まず、服装はユニフォームなのかそれ以外がいいのかを決める必要があります。ただし、ここでいうユニフォームとは制服や軍服など統一感のある洋服を指すこととします。

 

ユニフォームにすると、キャラ毎に別の洋服を考えるなどの手間は無くなって非常に楽にすることが出来るのがメリットですね。

 

ユニフォーム・・・軍服・セーラー服・制服・浴衣・アオザイ・作業服つなぎ・白衣・巫女服・修道服など

ユニフォーム以外・・・モデルになる画像を探すのが一番早いです。下記のサイトを参考にするといいでしょう。

 

特に女性服は種類が多く、難しいので以下のサイトで洋服の種類の名前を調べてからレディース洋服のサイトでモデルさんの写真をみるのが一番手っ取り早いでしょう。

女性の服の種類と名称を22種類、俺が全部調べた!

 

男性のものも一応あげておきます。

大学生必見!メンズ服の名称、種類を写真付きで紹介

 

『肉体的特徴』について

こちらはゲームなどのキャラクターメイキングを用いるのが最短ルートです。最近、ニコニコ動画でおなじみの株式会社ドワンゴからリリースされた『カスタムキャスト』というアプリを使うと女性キャラはすぐに作れます。

 

今のところ男性キャラは『カスタムキャスト』では作成できないようです。なので、その場合は数あるゲームの中で最もキャラクタークリエイトの機能が充実しているといわれているセガ・サミーホールディングスの『ファンタシー・スター・オンライン2 』のキャラクタークリエイト機能を使用することをおすすめしています。

 

『所持品』について

・武器

シミター・蛇腹剣・巨大手裏剣・ポリカーボネート警棒・スレッジハンマー・鎖分銅・仕込み分銅・パイルバンカー・斧・熊手・弓矢・ハルバード・スナイパーライフル・レイピア・バックラー・大鎌・トンファー・槍・拳銃・アサルトライフル・ショットガン・ピストル・ハンドガン・サブマシンガン・グレネードランチャー・機関銃・小刀・レールガン・大砲・メイス・コンバットナイフ・バスターソード・太刀・チェーンソー・ロッド・スペツナズナイフ・カランビットナイフ・剣・ダガーナイフ・日本刀・小太刀・脇差・火炎放射器・グリモワール・ランス・スピアー・杖・ステッキ・唐傘・チャクラム・銃剣・マスケット銃・青龍刀・ロングソード・ツヴァイヘンダー・鞭・双剣・斬鉄剣・釘バット・ヌンチャク・スタッフ・レイオマノ・鉄扇・スティンガーミサイル・パチンコ・対物ライフル・吹き矢・スタンガン・サリッサ・薙刀・バルディッシュ・アイスピック・十徳ナイフ・バールのようなもの

 

・普段使っているもの&アクセサリー

煙草・通信機・眼鏡・腕時計・ヘアピン・バッグ・靴・鎖帷子・キャップ・マント・腕章・雑誌・包帯・眼帯・日傘・ピアス・チョーカー・シュシュ・ガーター・髪飾り・ミニハット・ヘッドドレス

 

また、こんな記事があったらいいのになーとか、リクエストがあれば、是非ツイッターでリプかDMをくださると喜びます。ご精読ありがとうございました!

 

ツイッターはこちらです。

 

次の記事もおすすめです!


~おすすめ記事~

作家の味方
 作家の味方
作家の味方
 作家の味方