作家の味方

創作に役立つ情報を毎週配信中!

このサイトは、執筆関連ノウハウの提供や競作企画、ツールの紹介、イベント告知などを通し、あらゆる創作活動に関わる方々を支援していくサイト『作家の味方』です!

※毎週火曜日、土曜日に更新中!!

キャラ被りを起こさないための最終兵器!創作におけるイメージカラー活用術とは【実例付き】

キャラ被りを起こさないための最終兵器!創作におけるイメージカラー活用術とは【実例付き】

 

キャラ被りを起こさないための最終兵器とは!?

 

キャラ被りを防ぎ、正確に各キャラクターの印象を伝えていく手法として『イメージカラーを活用』するという方法があります。

 

リアルな人物を描いていく純文学といった作品では、少し使いにくいテクニックかもしれませんが

 

キャラクター小説をはじめとするアニメーションで表現できそうなキャラクターたちを創作する際には、かなり強力な武器となるでしょう。

 

そういうわけで、ここからはイメージカラーを活用するメリットについて具体例と共にお話していこうと思います。

 

イメージカラーを活用するメリット

 

イメージカラーをキャラクターに割り当てるメリットは、私も調べていてその数に驚かされました。

 

ざっくりまとめるだけでも、5つ程挙げられるようです。

 

話しがグダグダになるのも嫌なので、ここで列挙しておきますね!

 

  • 視覚的な要素として、非常に強くキャラの印象を読者に残すことが出来る
  • 色彩による心理効果が期待できる
  • グループ単位で行動するキャラクターの没個性化を防げる
  • キャラクター同士に対比を付けて個性を際立たせやすい
  • 暗喩法が利用しやすくなる

 

ひとつ目の活用法は、日の目を見るより明らかでしょう。

 

キャラクターの容姿をいくら細かく説明したところで、読者はなかなか理解しにくいのです。

 

「あの右耳に赤いピアスをつけた青髪で槍を持ち歩いている細身の男性」といわれるよりも、「青い猫型ロボット」といわれたほうが、わかりやすいのです。

 

ちなみにですが、シルエットもイメージカラーと同じくらい第一印象に効果的なので活用してみるといいかもしれません。

 

その証拠と言えるかわかりませんが、国民的アニメのキャラクターは大体シルエットで判別が付くくらいには個性が抜きん出ているんですよね。

 

イメージカラーの活用例

 

戦隊モノやアイドルグループ、漫画タイムきらら系列の作品などでは、キャラクターにイメージカラーを利用されていることが多いですよね。

 

ヒーローが5人居る状況や、アイドルが10人居る状況、推しキャラが5人居る状況、というのは明らかにキャラ被りを起こしそうな状況です。

 

そういう場合にイメージカラーを利用しておけば、お手軽にキャラ被りから一転して役割分担に見違えるのが色彩の素晴らしい演出効果です。

 

さて、この続きは言葉で伝えるよりも実際に作品を見てもらったほうがわかりやすいと思うので具体例をご紹介したいと思います。

 

以下でご紹介する動画にイメージカラーの活用技術が凝縮されているので、かなり参考になると思います。

 

本当はここに掲載している二つ目の動画(【監禁事件】から始まるタイトルの方)をお見せしたかったのですが、

 

キャラクターを知っている前提になっている気がするため、上から順番に見ていくことをおすすめします。

※もし動画の製作者様より、削除依頼の申し出があった場合は即座に対応いたします。

 

▼一本目の動画では『色彩による性格のイメージ形成』『個性が際立つ配色』といった工夫が見られます。

 

こちらの動画は、『ゲーム部プロジェクト』という4人組 Vtuberさん達による自主製作アニメーション作品です。

 

作品自体もハイクオリティなので、興味がある方は他の動画もみると良いと思います(ずっと前から、布教してみたかったDAKEとかいえない

 

色彩による性格のイメージ形成

 

このアニメーションに登場してくるキャラクターは、以下の4人になっています。

 

部長こと年上のお姉さん

『夢咲 楓』⇒ イメージカラー:

 

中性的な癒し系ショタ

『風見 涼』⇒ イメージカラー:

 

中二病の残念なイケメン

『道明寺 晴翔』⇒ イメージカラー:

 

あざといムードメーカー

『桜樹 みりあ』⇒ イメージカラー:

 

一方で、各色彩が好きな人の『性格の特徴』を見て行きましょう(どうやら統計が根拠のようです)。

  • 黄色・・・知的好奇心が旺盛で、新しい物が大好きな性格
  • 緑色・・・人に対して気を使いやすく、穏やかさを求めている性格
  • 青色・・・知的で冷静沈着、責任感が強い性格
  • 桃色・・・ロマンチストで、美しくありたいとする性格

 

作中では、部長である『夢咲 楓』(黄色担当)が、ボイジャーという孤独なチャレンジャーに対して「憧れちゃう」という発言をしています。

 

これは黄色=知的好奇心旺盛の色彩とのマッチングが上手くいってますよね。

 

他のキャラクターも同様です。ボイジャーという存在を台詞として最初に提言し始めたのは『道明寺 晴翔』(青色担当)でした。

 

これは青色が高い知性を表すところともマッチングできているといえるでしょう。

 

他にも、安全や安定を求める『風見 涼』(緑色担当)がボイジャーに対して「なんだか、ちょっと寂しそう」と発言しているところもうまいなぁと思わざるを得ません。

 

このように、視聴者が好きな色を持つキャラクターへ感情移入させる手法があります。

 

例えば、あなたは黄色が好きだと仮定しましょう。

 

すると、あなたは自然と『夢咲 楓』(黄色担当)に好印象を抱きます。

 

そして、その『夢咲 楓』には黄色が好きな人の性格的特徴が設定で反映されています。

 

あなたも黄色が好きですから、『夢咲 楓』の意見にスムーズに感情移入や共感できるというわけです。

 

こうやって、より自分と近い感情を抱いているキャラクターを勝手に視聴者がセレクトして、感情移入できるという仕組みが出来ているのです。

 

ちなみに、この四色(黄・緑・青・桃)は色相関を丁度バランスよく4等分した位置に配置されているのも興味深いですね。

 

キャラクター同士を同系色にしないところも没個性化を起こさない工夫だったりするのではないでしょうか。

 

また、こちらは映像作品なので小説でそのまま活用できるとは私も思っていません。

 

しかし、キャラクターの性格を決める際に『色彩』は『性格のパターン』の一覧としても活用できると思います

 

チャット小説を作っている方の場合は、キャラクターのアイコンに色彩感を仕込むのもありかもしれませんね。

 

ちなみに、他の色彩と性格の組み合わせについては、ページの一番したにリストを用意しておきましたので参考にしてみてください!

 

色彩を用いた暗喩法

 

続いて、色彩を用いた暗喩法の活用例です。

 

実のところ小説において活用しやすいという点では、こちらの方が有益な情報になるでしょう。

 

簡単に言えば、色の描写さえあれば誰かすぐに特定できちゃうという利点を活用しようというお話です。

 

小説では、よく今誰が話してるのかわからないといった状況が散見されます。

 

しかし、色だけでキャラクターを特定できるとなれば、伝えるのが格段に楽になることでしょう。

 

▼二本目の動画では、暗喩法の活用をみてみましょう!

 

作中では、チョークでキャラクター同士の意思疎通を図る展開となっています。

 

そして、そのチョークの色が各キャラクターに設定されている色となっていることがわかります。

 

映像作品からキャラクターの映像を消す際に、キャラクターの代わりにカラーを使うという技法のようですが

 

小説でいうと、しゃべれないキャラクターなんかが具体例としてあげられそうですね。

 

しゃべれないキャラクターは台詞を発することが出来ませんから、小説の中での描写にかなりハンディキャップを持つことになるでしょう。

 

そんなときに、文字でやり取りをするとして感情ごとに色を使い分けているキャラクターが居たとしたらどうでしょうか?

 

イメージカラーの話からは少し外れてしまいますが、色という概念はかなり汎用性の高い活用が可能なのです。

 

チャット小説だと、キャラクターごとに吹き出しの色を変えるのもいいかもしれませんね。

 

さて、ここまでの活用術はかなり汎用性が高い技術になっています。必ず利用するべきだとは思いませんし、利用できれば尊敬の念すら覚えそうですね。

 

正直、ここまで出来るなら書籍化というかアニメ化なんて夢ではないと思います。

 

続いて、キャラクターデザインという視点でも少しばかり「キャラクター」と「イメージカラー」の関係性を学んでおきましょう。

 

キャラデザにおける色彩設定

 

以前の記事でもお話させていただいたのですが、最近は小説からアニメ化・漫画化する作品も増えてきました。

 

したがって、キャラクターの絵を用意する機会もある程度想定しておく必要があるでしょう。

 

といっても、絵に関しては素人だという小説家さんも多いと思います。

 

そもそも絵師さんが、うまいのかどうかって判別するのが難しいですよね。

 

評判が良い絵師さんに頼むというのも一つの選択ですが、オーダーするための金額は大幅に跳ねることになるでしょう。

 

それに『ココナラ』や『SKIMA』といった外部イラスト受注サイトでは、非常に上手い絵師さんが埋もれて金策に困っている実態もあるようです。

 

絵が苦手という作家さんが実際に絵を描く必要は無いと思いますが、上手い絵師さんがどんな工夫をしているかを知っておくことも大切になります。

 

まだ売れる前の有望な絵師さんを発掘して安価な費用で済んだり、絵は上手いのにプロモーション力の部分で困窮している絵師さんを救済することができるかもしれないですからね。

 

というわけで、ここからは絵師さんが工夫しているキャラクターデザイン(今回はイメージカラーについて)について少しだけですが触れて終わりにしたいと思います。

 

キャラデザにおける配色の工夫

 

基本的に以下の動画でかなり上手くまとめていらっしゃるので、私がとやかくいう隙間も無さそうですがご紹介です。

 

▼イラストや漫画の描き方を学べるオンライン講座「Palmie」の動画になります。

非常に勉強になるコンテンツなので、私もよく利用させていただいている素晴らしいサイト様です。

※もし動画の製作者様より、削除依頼の申し出があった場合は即座に対応いたします。

 

小説家さん向けに大切な点をまとめるとすれば、以下のようになるでしょう。

 

キャラクターに配色を考える場合は『メインカラー』『サブカラー』『アクセントカラー』の三色が絵を見てすぐわかるようになっていれば上手い絵師さんの可能性も高くなるでしょう。

 

そして、動画内で紹介されているNGパターンに該当していないか

 

他にも、例えばイメージカラーが黄色だとして全身何でもかんでも黄色にすればいいというものでもないぞ?

 

ということは念頭においておくべきでしょう。

 

あくまでメインカラーを黄色に設定してあればいいのです。

 

さて、今回はかなり長文となってしまいましたが

 

ご精読・ご清聴ありがとうございました!

 

好きな色と性格の組み合わせ一覧

 

(1)白

白が好きな人は、「フレッシュでピュア」または「誠実で善良」だとみられたい願望があり、シンプルで無駄がない生活スタイルを好みます。「正しくありたい」という気持ちが強く、自分に厳しく真面目で、誠実であろうとするので、周囲の人から信頼されます。

しかし、この傾向が他者に向いたり、いきすぎると、「堅苦しくて融通が利かない」「口うるさい」「正論ばかり言う」など、人から煙たがられてしまうことがありますので、注意しましょう。

(2)黒

黒は「鋭い感性やセンス」「強さ」「立派さ」などを表しており、これらに憧れがある人は黒を好きになります。また、黒を好きな人は、他人から指示をされたり、束縛されるのを嫌う傾向があります。

普段は「一見近寄りがたいけど、仲良くなると良い人」と思われ、狭いけれど深い人間関係を構築します。しかし、自分に自信がない時は、自分の立派さを過度にアピールしようと自慢ばかりしてしまったり、悩みを人に打ち明けられずに抱え込んでしまいがちです。また、自由度の低い環境では反抗心や逃避願望が芽生えやすいので、なるべくあなたの個性ややり方を理解し、尊重してくれる環境に身を置くようにしましょう。

(3)赤

赤は「活力や元気」「行動力」などを表し、これらに憧れがある人は赤い色に惹かれます。
赤が好きな人は情熱的でエネルギッシュであろうという気持ちが強く、行動的ですが、感情の動きが激しく、情緒不安定になりがちです。また、強い不満やや怒りなどの感情がネガティブな強いエネルギーとなり、赤を好きにさせることもあります。

心身ともに元気で、物事が上手くいっている時はいいのですが、そうでない時はイライラして他人に八つ当たりしたり、攻撃的にならないように注意しましょう。

(4)紺・青

「知性」「冷静さ」「慎重さ」などを示す紺色や青色が好きな人は、上限関係を重んじ、知的でスマートな自分であろうとします。カッとなることはなく、冷静で落ち着きがあり、責任感が強いため、他人に頼りにされることが多いでしょう。

しかし反面、自尊心が強く、見栄っ張りなところがあり、他人を「自分より上か下か」と判断しがちです。それを態度に出してしまうと、裏表のある人だと思われてしまいます。また、「かっこ悪くなりたくない」と慎重になりすぎるとチャンスを逃したり、過剰に心配して思い切った決断ができないので、注意しましょう。

(5)ピンク

ピンク色は「若さ」「美」「女性らしさ」を表します。ピンク色が好きな人は「若々しく美しくありたい」「ロマンチックな日々を過ごしたい」という気持ちが強く、男性でもピンク色が好きな人は、ロマンチストで優しい傾向があります。

しかし反面、依存心が強く、「愛するより愛されたい」という人が多いと言われます。大人になっても甘えん坊だったり、若さへの執着が強いと「イタイ人」だと思われてしまうことがありますので、注意しましょう。

(6)紫

高貴な色と言われる紫が好きな人は、美意識が高く、洗練されたものへの憧れが強い人です。繊細な感受性を持ち、美的センスに自信がある人が多いため、身に着けるものなどはかなりこだわりを持って選ぶ傾向があります。

この傾向が強くなると、着ているものや持っているもののセンスが悪い人を「野暮ったい」などと下に見てしまい、「お高くとまっている」「うぬぼれている」「ウンチクがうるさい」などと思われることがあります。

また、疲れていたり、体調が悪い時は本能的に紫を好むと言われています。「最近、急に紫が好きになった」という場合は、心身に不調がないか注意しましょう。

(7)オレンジ

とても明るいイメージのオレンジ色を好む人は、「明るく活発でありたい」「人気者でいたい」という気持ちが強い人です。サービス精神が旺盛で、人を楽しませることが好きなので、たくさんの人に好かれます。

しかし反面、八方美人で孤独に弱いため、「1人でも信念を貫く」ということができず、周囲に流されてしまったり、ドロドロした部分も含めて関わり合うような深い人間関係を築くことが苦手な傾向があります。仕事は研究職のようなコツコツ・黙々系よりも、サービス業や営業など、人に接する職業の方が向いているでしょう。

(8)緑

緑色は「自然」「平和」「優しさ」などを表し、緑色が好きな人は穏やかさを求める気持ちが強いと言われます。他人に対して細やかに気を使い、仕事では「出る杭にならず、かといって不足がないように」立ち振る舞うので、上からも下からも好かれるでしょう。

人に気を使うのはよいことですが、度を過ぎて「頼まれると嫌と言えない」となるとストレスが溜まりますし、他人に利用されてしまうことがあります。時には自分の気持ちを率直に伝えるようにしましょう。

また、ストレスを抱え込みやすい緑色好きな人は、家庭が「安息の場所」であることも重要です。パートナーは同じく穏やかで好戦的ではない人を選ぶことをおすすめします。

(9)黄色

黄色が好きな人は知的好奇心が旺盛で、新しいものが大好きだと言われています。また、弁舌が爽やかで文書を書くのも得意な人が多く、また人の知的好奇心を刺激する色なので、アメリカでは鉛筆の75%が黄色の柄であるというデータがあります。話題が豊富でユーモアのセンスもあるので、初めての人とも打ち解けるのが早く、幅広い人間関係を築けます。

その反面、飽きっぽく、自分に都合の良いように理屈をつけて自分勝手な行動をしてしまうことがあります。また、普段は朗らかなのに、時々鋭すぎる批評や論評で人を攻撃してしまうことがあるので、この点も注意するようにしましょう。

(10)ブラウン

ブラウン(茶色)は「安定感」や「落ち着き」、「高級感」を示す色です。この色を好む人は温厚で落ち着きがあり、保守的な考え方の人が多いと言います。親分肌で面倒見がよいので頼りにされるでしょう。

落ち着いて堂々としており、安定感がありますが、環境の急激な変化に弱く、自分よりも若い世代の考え方や、伝統のない新しいもの、人でいうと「口が達者だが中身がない人」を軽蔑する傾向があります。また、面倒見がよいのはいいことですが、度を超えるとお節介だと思われてしまいますので、注意しましょう。

(11)グレー

グレーが好きな人は、「都会的」「知的でクール」であることに憧れを持っている人が多いようです。忍耐強く、感情に流されて「失礼なことを言ってしまう」ということがないので、安心して一緒にいられる人です。

しかし反面、自分をさらけ出すことがなく、「本心では何を考えているか分からない人」だと思われてしまったり、人間的な感情表現が乏しいため、「ロボットのような人」だと思われることがあります。

クールで論理的であることが必要な弁護士や医師、コンピューター技師、警察官などに適性があります。

引用:ヘルスケア大学

 

コメントを書き込む

*

Return Top