作家の味方

創作に役立つ情報を毎週配信中!

このサイトは、執筆関連ノウハウの提供や競作企画、ツールの紹介、イベント告知などを通し、あらゆる創作活動に関わる方々を支援していくサイト『作家の味方』です!

※毎週火曜日、土曜日に更新中!!

小説を完結できない方へ、完結しない小説を完結させる方法!

小説を完結できない方へ、完結しない小説を完結させる方法!

 

小説に限らず、「何か」を始めるときと「何か」を終わらせることはとても難しいことだと思います。そしてその例に漏れず、小説を書いている方の中にもやはり小説をどう完結させていいかわからないという方は多いです。

 

そんなとき「どう対処すればいいのか?」というところについて、一度リラックスしながら読んでいただければと思います。

 

早速ですが、結論からいうと完結できないと困ってしまった場合は次の三点を改めて確認してみましょう。

 

1.小説を通して、自分のしたいことは把握できているか?

2.読者に、自分の小説を読んでどうなって欲しいのか決めているか?

3.自分にとっての「完結」の定義は決めているか?

 

それではこの三点については、それぞれひとつずつゆっくりお話していきましょう。

 

完結とは何か?

 

「小説をどうすれば完結できるのか?」という課題を解決するためには、「そもそも自分にとっての完結とは何なのか?」知っておく必要があります。

 

作品を完結というゴールに持っていきたいのに、そのゴールが動き回ったり消失した!なんて事が起きた場合、「ゴールしたい!」といっても難しいですよね。なので、ゴールは先に決めておくべきです。

 

しかし、実はそれだけでは少し足りないです。例えば、こういう展開にして、ここで物語を具体的に終わらせると決めていたとしましょう。こうすると実はかなり高い確率で完結させる前に、ゴールをまた変えてしまいます。

 

やはり小説を書いているうちに面白そうな展開を思いつけば、そちらを優先したくなるものなのです。だからこそ、もう一段だけ掘り下げて「自分にとっての完結とは何なのか?」を理解することで、

 

ゴールをある程度固定するようにしなければなりません。そこで重要な考え方になるのが、「読者に伝えたいテーマ」です。なにも、ガチガチに決める必要はありません。要するに、軸さえずれなければ大丈夫ということです。

 

読者に伝えたいコンセプトを決めることが大事

 

例えば、勇者が悪魔を倒してハッピーエンドにしようとしていたけれど書いていくうちに悪魔と愛し合うようになった方が面白いのでは!?と思いラブコメに変えてしまったとしましょう。

 

こういう状況で完結できないというのは、全くもって当たり前のことです。なぜなら、またラブコメからコンセプトがコロコロ変わってゴールがそうしているうちに消えてしまうからです。

 

では、今度は「勇者が悪魔を倒してハッピーエンドという物語」を、「悪を倒していく達成感をコンセプト」に描いていたとしましょう。

 

そしてコンセプトは変えずに、勇者が異世界で悪魔ではなく詐欺師を倒す物語に変えてしまうことは問題ありません!

 

このケースでは、悪を倒して終わるというところがぶれることは無いので完結させようと思えば、悪を倒してハイ終わり!とすればいいだけなのです。

 

もちろん、上手く完結(着地)させるためにはテクニックも必要ですが、基本的にはやろうと思えばいつでも完結にもっていけるはずです。

 

また、コンセプトのことを仰々しく考えすぎる人が多いようです。完結というのは小説において重要な部分であることはたしかですが、最終章ですべてが決まるわけでもありません。

 

アニメや漫画、ライトノベル、ドラマでもいいですが、見た作品すべての最終話の内容を覚えていますでしょうか?きっと、いくつかのシーンは覚えているけどラストってどうだったっけ?という作品もあるはずです。

 

これは、特にほのぼのした日常を描く物語やコメディ的な要素をはらむ作品に多いのですが、最後は読者が気付かないように終わりを迎えることがあります。

 

例えばですが、日常の中でくすっと笑ってしまうことを題材にして人を和ませようとする作品を書いていたとして、最終話だからって怒涛のクライマックスを迎える必要は無いですよね。

 

要するに、読んでくれた読者にどういう反応をしてほしいのか?ということが重要で最後までそこがぶれないことの方が大切だということです。

 

また、読者にこういう風に受け取って欲しいというところが定まっていれば、いつも通りに読者をくすっと笑わせて気付かないうちに物語が終わってしまっているというのもいいと思うんですよ。

 

「もう物語を読んだ人には、自分の伝えたいテーマが十分に伝わったんだ。物語の役目は終わったんだ」という終わり方は、とても素敵で理想的な終わり方のひとつなのではないでしょうか。

 

あなたのしたいことは?

 

さて、ここまでで「読者に何を伝えたいのか?」「どういう反応をして欲しいのか?」決めておくことが重要ということはわかっていただけたかと思います。

 

しかし、自己満足で小説を書いているから特にそんなものはないという方もいらっしゃると思います。

 

そもそも赤の他人である読者に何を伝えたいか?なんていわれてもピンと来ないのは当たり前です。いきなり知らない中年男性と面談をして、「何か伝えたいことはあるかい?ハァハァ」と問われても

 

「いえ、特に無いです(キッパリ)」と答えたくなる状況は容易に想像できます。ただ、実は小説を書くことと、例のような状況とには一点だけ決定的に違う部分があります。

 

それは、例で言うと中年男性との面談を自分からしたいと言い出していることです。(え?そんなこといってないって?w)

 

それはさておき、まぁつまるところ小説を書きたいと自分から言い出している点が決定的に違う部分なのです

 

何かを伝えたいことがあって、小説を書きたいと思ったのではないでしょうか?でなければ、小説書いたりしないと思います。

 

でも、それって考えるとめちゃめちゃ難しくてわからなくなることが多いんですよね。なので、小説とか全く無関係でもいいので、あなたが今したいことを考えてみて欲しいです。

 

土日やとても暇な時間には何をしているでしょうか?自分が本当に何をしたいのか?小説を通してできることがあるから書き始めたのではないのか?

 

その動機はなんだったのか?今一度思い出すことでテーマも必然的に決まってくるのではないでしょうか。

 

というわけで、本日もご精読ありがとうございました!みなさまの作品が完結することを祈っております。それではまた。

 

また、こんな記事があったらいいなーとか、何かリクエストがあれば、ツイッターのリプやDMをくださると嬉しいです。ツイッターはこちらです。

 

>他の記事も読む<

Return Top