作家の味方

創作に役立つ情報を毎週配信中!

このサイトは、執筆関連ノウハウの提供や競作企画、ツールの紹介、イベント告知などを通し、あらゆる創作活動に関わる方々を支援していくサイト『作家の味方』です!

※毎週火曜日、土曜日に更新中!!

新しいことを始めたいあなたへ!~新しいことに挑戦する勇気を得る方法~

新しいことを始めたいあなたへ!~新しいことに挑戦する勇気を得る方法~

 

毎日同じことを繰り返していると、何か新しいことを始めたい!と思い立つことってありますよね。でも、なかなかすんなりとは思うようにいかないものです。

 

本当のところ、動きたくないとすら考えているのかもしれません。

 

それでも、なぜ私達は「新しいことを始めたい」とか「新しいことに挑戦する勇気が欲しい」と思うのでしょうか。

 

それはきっと現状に満足できていないからだと思います。

 

ただ、やはり新しいことに挑戦するのであれば、それ相応のエネルギーを要することになるのも事実です

 

きっと一歩踏み出せないという方は、勇気がないというわけではなく、対価に見合う価値があるか判別がつけられていないのではないでしょうか。

 

それもそのはずで、行動による成果は達成してからしか、わからないのです。

 

つまり、行動する前の時点では判断基準が無いのですから、エネルギーを使う価値があるかなんて判断しようもないんですよね。

 

おそらく、こういう原因で新しいことを始めたいけれど始められないという現象が起こっているのではないでしょうか。

 

というわけで、ここからはどうすればその状況から脱却できるのかについて引き続きお話していきたいと思います。

 

人のためになることをする

 

さて、いままで私自身もいろんなことに挑戦してきました。サイト運営を始めたり、小説の執筆をしたり、毎日ひとつは新しいことに挑戦する一日一新という習慣も行っています。

 

その中で、新しいことに挑戦できた体験に共通していることは自分を追い詰めることでした。しかし、追い詰めるだけでは単に苦しいだけです。

 

そんなものは誰も求めてませんよね。それでも続けてこれたものはどれも人が関わるものでした。具体的な例としては、小説の読者さんに「続きが気になる」と言われたりすることがあげられるでしょう。

 

人のためになりそうなことについては見返りはほぼ確実に生まれます。行動に対する自分への見返りが、ある程度保証されているというわけです。

 

見返りが保証されているのであれば、エネルギーを使うことにも躊躇しにくくなりますし、不思議なことにいつの間にか良いサイクルが出来上がっているんですよね。

 

次はもっとこうすれば、もっと人のためになれるのではないか?と頭が勝手に働いてくれるようになります。

 

私自身ここに気がつくまでにかなり時間を要してしまったように思うので、みなさんにはもっと早く気付いていただければ嬉しいです。

 

また、やはり何事もキックになるきっかけは必要です。何か新しいことを始めたい!と思い立ったけれどなぜか続かない。

 

そんなときは単純にやりたいことをやるべきだと思います。

 

きっかけは好きなもの

 

目的が既に明確なのに足が動かないということもあるでしょう。この場合についてはどうすればいいのでしょうか?わかりやすくするために、具体例をあげてみようと思います。

 

例えば、創作活動をしていたり仕事をうまくこなしていくためにはインプットが重要と言われています。やはり経験や体験といったあらゆるインプットが無ければ、人間面白いものもつくれないのです。

 

もしかしたら、質の悪い素材を組み合わせていいものを作ることもできるかもしれませんが、そこに体力を注ぐよりも質のいい素材集めに奮闘したほうがよっぽどいいでしょう。

 

そんなときに、いろんな知識を得ることが億劫だとすればそれは気の張りすぎではないでしょうか。もっとシンプルに考えてみましょう。

 

もっと自分の好きなことに熱中した方がいいです。寝るのが好きすぎてどうしようもないなら、耐久で寝れるだけ寝てみてください。

 

もしかしたら、どの長さが一番自分に最適かわかるかもしれません。それだって立派な知識なのです。しかも、ネットの記事や本ではなく、実体験というかなり価値の高い経験になります。

 

そして、それを人に教えてみてください。そうすればもう立派に人のためになります。そして先程紹介した正の循環を巻き起こしていくといいでしょう。

 

また、やってみてダメだったとしても落ち込まないで大丈夫です。ベンチャー企業の生存率みたいに、一度やってみて成功することなんてかなり確率的にとてつもなく低いんです。

 

一歩踏み出すことのほうが重要です。一歩踏み出せば、次の一歩はもっと簡単になります。

 

まとめ

 

やっぱり、新しいことを始めるにしても無駄なことはしないほうがいいです。

 

少ないかもしれませんが、世の中には確実にためになる行動というものもあります。

 

ただし、それは誰かの言葉によって決められるものではなく、自分の意思で決めるとうまくいくのではないでしょうか。

 

今回の記事では、私も始めてとなる即興の記事を書いてみました。

 

もっと、こんな風にすれば新しいことを始められそうだというご意見がありましたらコメント欄にお願いします!(実はコメント欄の開放も初めてです)

 

長々とお付き合いありがとうございます。

 

当サイト『作家の味方』では、小説をはじめとした創作活動全般に関わる有益な情報を配信していますので興味がある方は他の記事も読んでいただければ嬉しいです。

 

それでは、ご精読ありがとうございました。良い創作ライフを!

 

>他の記事も読む<

 

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. TSUTAYAで何も考えずに人気ランキング1〜5位くらいの映画や音楽アルバム、漫画を借りるのおすすめです!特にまったく興味のないジャンルの作品を見て、意外に好きだと気付けたとき、少し知見が広がった気がしました。費用はそんなにかからないですし、空いた時間を使えば気軽にできると思います!

    • コメントありがとうございます!

      知見が広がれば、なにか新しいことが思い浮かぶ可能性も高くなるかもしれませんね!

LEAVE A REPLY TO すわん CANCEL REPLY

*

Return Top