作家の味方

小説家になるための総合情報サイト

 
小説家になるために必要な全ての知識が、いまここに!【Project Creator’s Ally】




エッセイスト(随筆家)になるには?|一番ラクして文筆家になる方法まとめ!

エッセイスト(随筆家)になるには?


みなさん、こんばんは。創作支援サイト『作家の味方』の管理人らぴ(@kazakiribana2)と申します。

 

文章を書く仕事の中でも、謎が一番多いのではないかと思われるエッセイスト(随筆家)と呼ばれる職業ですが、一体どうすれば最短ルートでエッセイストになれるのでしょうか?

 

結論から述べておくと、ブログを始めるのが一番ラクだし早いと思います。ただし、はてなブログやSeesaaブログといった無料ブログはおすすめしないので、もし始めるのであれば自前のブログを作るようにしましょう!

 

※ブログの作り方が知りたいという方には、ゆきみんさんの解説動画がおすすめです♪

 

というわけで、ここからは理由の解説となります。「わかった!とりあえず、ブログ作ってみる!」という方は、ここで読むのを辞めてOKです(笑)





 

そもそもエッセイストって?


そもそもエッセイストとは、当然エッセイを書くことを生業にしている人のことを指す言葉ですよね。

 

それでは、エッセイとは何でしょうか?

 

結論から言えば、エッセイというのは世の中に存在するあらゆる問題や事柄について、自分自身の思想を語った散文のことと言えるでしょう。※ご参考:エッセイの成り立ちについては、以前の記事で紹介しておきましたのでここでは割愛します。

 

ただ、ここでよく考えて見てほしいのですが名無しのAさんが書いたエッセイがあったとしましょう。あなたが読書だったら、よくわからない名前の人のエッセイを読んでみようと思いますでしょうか?

 

ちなみに、有名なエッセイストの一覧をみてみるとよく分かるのですが、大物作家や芸能人が大半だということがよくわかります。

 

気づいた方もいらっしゃると思いますが、エッセイストになるための最低条件は「既に著名な人物である」ということなんですよ。エッセイストになるのが難しいところは、実はここにあるんです。

 

有名人じゃなくてもエッセイストにはなれます!


それでは、現時点で世の中に名前がよく知られている著名人というわけでもない一般の方が、エッセイストになることは不可能なのでしょうか?

 

いえいえ、そんなことはありません。有名人も始めから有名な人というわけではないですし、芸能人といった有名人ではなくても、エッセイストとして食べている人も少数ながら実在しています。

 

つまり、エッセイストに近い自分の思想や感想を発言できる職業で、これから有名になってしまえばいいというわけですね。

 

それでは、エッセイストと同じように自分の思想や感想を発言できる文筆業といえば、何がありそうでしょうか?

 

文筆業といえば、ライター・小説家・ブロガーといったところがメジャーですよね。

 

まず、この中でライターは修行にはなるかもしれませんが、自分の思想について語ることは難しいでしょう。なぜなら、ライターには基本的にクライアントからこういう記事を書いて欲しいという注文があるからです。

 

それでは、小説家はどうでしょう?

 

以前、小説とエッセイの違いについての話をしておいたのですが、やはり読み手が自由に受け取れる物語を紡ぐ小説家と、メッセージを明確に伝えたいエッセイストとは、ある意味で対極の存在だったりします。

 

正直な話、私自身も「自分がエッセイを書きたい」ということにしばらく気づけずに小説の方を書いていたのですが、小説とエッセイの違いが原因で筆を折ったこともありました。

 

このように、小説だと自分の主張したいことをぼやかさないと人気が出にくいので、個人的にはおすすめはしません。

 

さて、残ったのがブロガーになるわけですが、ブロガーは基本的に「人の疑問に答えるお仕事」だとでもおもってもらえれば十分だと思います。

 

基本的には、何を書いてもブログという媒体にさえ文字を書いていれば全部ブロガーですから、一番エッセイストに近い存在と言えるでしょう。

 

要するに、人の疑問に答えながら私はもっとこうすればいいと思うと自己の思想を書き連ねておけばいいのです。

 

また、ブログもメディアの一つの形ですから、有名になるにはもってこいな場所だったりもします。一度、ブロガーとして有名になってしまえば、安定した収益も無理ではないです。

 

加えて、ブログであれば有名になることも別に難しいことでは有りません。めちゃめちゃ変わった経験を積んでいるとか、炎上商法をやるとか、そんな必要はまったくないです。

 

むしろ、人の悩みに答えていくうちに専門的な知識が蓄積していくので、勝手に専門家兼有名ブロガー兼エッセイストになっていくので、エッセイストを志望している方には最もおすすめな選択肢だと呼べるのではないでしょうか!

 

私もはやくもっともっと有名なエッセイストになってみたいものですね(笑)。というわけで、最後までご精読ありがとうございました!

 

コメントを書き込む

*

CAPTCHA




Return Top