作家の味方

創作に役立つ情報を毎週配信中!

このサイトは、執筆関連ノウハウの提供や競作企画、ツールの紹介、イベント告知などを通し、あらゆる創作活動に関わる方々を支援していくサイト『作家の味方』です!

※毎週火曜日、土曜日に更新中!!

個性的で濃いキャラクターの作り方!~個性が出ない原因2選~

個性的で濃いキャラクターの作り方!~個性が出ない原因2選~

 

キャラクターに魅力が足りない!もう少し個性を持たせたいのだけど、具体的な個性の出し方がわからない!という方も多いのではないでしょうか。

 

というわけで、個性的なキャラクターの作り方について、おそらく最もメジャーな考え方で一緒にみていきましょう!

 

個性的なキャラクター作成の基本

 

まず、創作をしていらっしゃる方々から言わせれば当たり前の話かもしれませんが、何かを創作するときって基本は、『足し算』と『引き算』の考え方が重要だと思うんですよね。

 

ん?わからないよ!という方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。この後、それぞれ細かくみていきます!

 

少し話しが長くなってしまいそうなので、『引き算』の考え方については次のページに任せることにしましょう。

 

というわけで、今回は『足し算』について具体例を挙げながら話していきたいと思います。準備はいいですか?

 

足し算によるキャラクター作成とは

 

みなさん、幼女は好きですか?!(唐突)そして、軍人も好きですか?!私は大好きだ!

 

というのはさておき、そんな方のために、今回取り上げる作品は『幼女戦記』というタイトルの作品にしておきました(笑)。

 

知らない方のためにも、作品の概要からご説明していきますね!

 


エリートサラリーマンだった主人公。ある日、自分がリストラを勧告した社員の逆恨みによって駅のホームから突き落とされ死亡するも、創造主を自称する「存在X」から悔悛を強要され、異世界へと転生させられてしまう。

 

そこは、小銃と魔導宝珠を友とする魔導兵が陸海空で軍の最精鋭として戦う、魔法と硝煙漂う世界だった。孤児院で赤子、ターニャ・デグレチャフ(♀)として覚醒した主人公。

 

成長した彼女は自身に備わった魔導資質と将来の展望を胸に士官学校に8歳で進学。その後、弱冠9歳にして航空魔導師として任官し激戦を潜り抜けていく。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【在庫あり/即出荷可】【新品】幼女戦記 (1-11巻 最新刊) 全巻セット
価格:6886円(税込、送料無料) (2019/1/8時点)

楽天で購入

 

 

 

さて、作品の概要は以上です。タイトルの通り、幼女と軍人を足した作品になっていますね。ただ、それだけではないことに注目して欲しいのです。

 

この作品の主人公「ターニャ・デグレチャフ」は、

 

元は日本の30代のサラリーマン

・上昇志向が強く、他者を顧みない性格

・合理主義者でリアリスト

・戦闘狂

・白く透き通った肌を持つ金髪碧眼の幼女

・身長は140cmくらい

・好物はコーヒー

・禁煙者

 

といった様々な要素から成り立っています。

 

これが先ほど言っていた『足し算』の考え方です。つまり、個性的なキャラクターを作りたいときは、いろんな要素を組み合わせるという考え方をベースにするとよいということです。

 

実際、「何か」と「何か」を足すことによって化学反応のようなものを起こし、新たなものを生み出してきた作品も少なくないです。

 

それに、この方法はみなさんも無意識のうちによくやっているのでそこまで難しいことではないでしょう。しかし、個性を出すためにはいくつか注意しておくべき鉄則があります。

 

ここからは、その鉄則や個性が出なくなってしまう原因について掘り下げて見ていきましょう!

 

個性がでない原因.1

 

ここまでで、足し算でキャラクターをある程度個性的にできるということをお話しました。しかし、単純に足すだけだといまいちになる場合も考えられます。

 

まず、想定できるひとつのケースとして、足し算をする前の素材(要素)のレパートリーが少なすぎることによってイマイチになってしまうケースがあります。

 

この場合の対処法は、意識的に様々な要素を手に入れることです。

 

つまり、キャラクターを個性的に作りこむこと=既存作品のキャラクター達から要素を読み取りそれを合成する際のレパートリーを増やしておくことが大切になります。

 

留意しておくべきこと

 

ただし、この手法(積極的に素材を探し、組み合わせを増やすことで個性的なキャラを作る方法)には、ひとつ注意が必要です。

 

既にある多数の作品に登場するキャラクターの要素を合成したあと、何もしなくていいでしょうか?答えはNOです。少なくともおすすめはしません。

 

理由は、いくつかあります。『一貫性の無い行動を取るキャラクターが生まれてしまうこと』や『参考にしたキャラクターがわかり易すぎてオリジナリティを損なってしますこと』、『ストーリーにおいて、属性多過で共感を導いていくことが出来なくなる危険性』が想定できるからです。

 

この問題に引っかからないためには、キャラを設定したときの要素をカテゴリー別に整理して、矛盾がないかチェックしていくステップを作ったほうがいいです。

 

平たく言えば、設定は作りっぱなしにしないで見直す機会を設けましょうということですね。

 

少し抽象的で伝えづらいので例えを用いようと思います。例えば、先ほどの『幼女戦記』という作品の主人公であるターニャデグレチャフ。彼女は以下のような要素に整理できます。

 

  1. 名前 :ターニャデグレチャフ
  2. 性別 :女
  3. 年齢 :物語開始時点で9歳
  4. 職業 :軍人
  5. 社会的地位 :エースオブエース(エリート軍人)
  6. 信仰する宗教 :無神論者

e.t.c…

 

それでは始めに名前について、見て行きましょう。このターニャデグレチャフの名前の由来は『デグチャレフPTRD1941』という赤軍によって個人運用歩兵用対戦車火器として開発された大口径の単発式ライフルから着ているようです。

 

そして、過去にドイツ軍が大量に鹵獲していた武器だそうです。作中に出てくる軍人の姿はドイツ軍を彷彿とさせるものが多いのですが、

 

そういった世界観の設定に対して相性の良いネーミングになっていることが伺えます。このように、リストを作って都度チェックしていけばいいのです。

 

個性が出ない原因.2

 

そして、もう一つのケースとして獲得した素材が大雑把過ぎることによって、個性的なキャラクターを作れていないというケースも想定できます。

 

キャラクターから個性を獲得していくときは、極限まで細かく分けた要素を取り出してきて合成していくことにも気を配りましょう。

 

例えば、「性格」といった要素同士を足し算する際、キャラの性格同士をそのまま足すのは難しいですが、性格を「おこりっぽい」や「二面性がある」といった特徴に更に細かく分解して捕らえていれば、組み合わせしやすくなるということです。

 

ここが大雑把すぎると、キャラクターの像がぼやけてしまったり、キャラクターの行動のぶれ幅が大きくなってしまうので注意です。

 

まとめ

 

今回のまとめです。個性的なキャラクターを作るためには、既存の作品に登場しているキャラクターのより細かい要素を読み取り、足し算を意識的にすることが大切になります。

 

そして、キャラクターの要素をリストでいつでも見れるようにすることで、キャラクターの一貫性を管理しやすくし、ストーリーや世界観との相性を都度チェックできるようにすることが可能になります。

 

次のページでは、冒頭でも出てきた『引き算』を使ったキャラクターを魅力的に仕立て上げていく方法についてご紹介していきます。

 

前のページでは、キャラクターをスムーズに作るために当サイトで用意した「キャラクター設定シート」を用いて実演形式でキャラクターのメイキングを行っています。興味がある方は、そちらもご覧ください。

 

前のページへ< >次のページへ

目次に戻る

Return Top